Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想ドライブ上でデータを暗号化して保護するUSBキー - コレガ

コレガは、仮想ドライブを作成し、ドライブ上でデータを暗号化するUSBセキュリティキー「CG-ALOCKYSF」を、1月10日より発売する。

同製品は、パソコンのハードディスク上に仮想ドライブを作成し、その中に重要なデータや個人情報などを保存できるセキュリティソリューション。USBキーを鍵として利用しており、本体を接続することで仮想ドライブへアクセスできるようになる。

仮想ドライブにファイルやフォルダを保存するだけで、AES256ビットによる暗号化が可能。また、パスワードによる復号できる自己復号化ファイルの作成にも対応している。

さらにデータを完全に抹消するファイルシュレッダーや、不正使用を防止するアクセス制限機能、スクリーンロック機能なども搭載した。価格はオープン。

(Security NEXT - 2008/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開