Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市内の小学校で個人情報入りメモリを一時紛失 - 無事回収へ

横浜市立山下小学校で、教諭が個人情報を保存したUSBメモリを紛失する事故が発生した。説明会を実施するなど一時騒動に発展したものの、その後無事に回収されたという。

同校教諭が、25日に校内で児童24人の成績などを記録したUSBメモリを紛失したもの。横浜市では、同日中に紛失を公表し、学校長や同教諭による家庭訪問の実施や、保護者向け説明会を実施するなど対応に追われた。

同日夜に校内で児童がキーホルダーと思って拾得していたとの連絡が保護者より受け、同教諭が紛失したUSBメモリであることを確認。中身については見ていないと話しており、無事に回収したという。

(Security NEXT - 2007/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中