Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

レセプト持ち出してトイレに投棄した職員を処分 - 倉敷市

倉敷市は、個人情報などが記載されている診療報酬明細書を不正に取り扱った非常勤の嘱託職員や監督責任がある上司について処分を行った。

同問題は2007年9月に、同職員が上司に対する嫌がらせの目的で同市保管庫から診療報酬明細書を持ち出したもの。90件を庁舎内に隠したり、122件を外部の商業施設のトイレへ投棄したもの。

同市では、問題の職員について12月28日付けで解職。監督責任者7人について戒告や文書による厳重注意を行った。

(Security NEXT - 2007/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消