Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生326人の個人情報含む書類を紛失 - 大阪府立大学

大阪府立大学において、奨学金受給者の個人情報が記載されたリストが、所在不明となっていることがわかった。

所在が不明となっているのは、日本学生支援機構の奨学金を受給する学生の受付用チェックリスト。学生326人の氏名、学籍番号、学部学科、奨学生番号など個人情報が記載されていた。

同リストは、12月6日に中百舌鳥キャンパスで奨学金に関する手続きを行った際に受付表として利用されたが、その後11日に書類整理を行った際に紛失が判明したという。

同大学では、学生が誤って持ち帰ったり、職員による誤廃棄といった可能性も踏まえ調べているが、発見できておらず、関連する学生や日本学生支援機構に対して謝罪するという。

(Security NEXT - 2007/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生
Proofpoint製品にメール経由で攻撃可能となる深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」
厚労省、医療機関のセキュリティ研修を展開 - ポータルサイトが始動
意図せず名簿をPDF化、メールに誤添付 - 都委託先
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
教員2人を懲戒処分、個人情報目的外利用とパワハラで - 早大