Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Google Web Toolkit」にXSSの脆弱性

Googleのウェブサービス開発環境「Google Web Toolkit(GWT)」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が見つかった。

JVNによると、「Google Web Toolkit」の「benchmark reporting system」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在し、攻撃を受けた場合、閲覧者のブラウザ上で任意のコードが実行されるおそれがあるという。

影響を受けるのは、同1.4.60および以前のバージョン。Googleでは、すでに同1.4.61をウェブ上で提供しており、同バージョンへアップグレードすることで脆弱性を解消することができる。

今回の脆弱性は、セキュアスカイ・テクノロジーの福森大喜氏が情報処理推進機構に報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

Google Web Toolkit Release Archive
http://code.google.com/webtoolkit/versions.html

グーグル
http://www.google.co.jp/

(Security NEXT - 2007/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生
Proofpoint製品にメール経由で攻撃可能となる深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」
厚労省、医療機関のセキュリティ研修を展開 - ポータルサイトが始動
意図せず名簿をPDF化、メールに誤添付 - 都委託先
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
教員2人を懲戒処分、個人情報目的外利用とパワハラで - 早大