Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2007年における最大の脅威はスパム - MessageLabsレポート

MessageLabsは、「MessageLabs Intelligence 2007年度セキュリティ・レポート」をまとめた。スパム攻撃の巧妙化やターゲット攻撃の増加を伝えている。

同レポートによると、2007年に送信されたスパムの割合は84.6%で前年の86.2%からほぼ横ばい。しかしながら、新規や未知のスパム攻撃が10%増加を記録したという。添付ファイルの種類が増加しており、10月にはMP3を利用するあらたな手口が発生した。

特に大きな動きを見せたのが、不正なリンクを記載したスパムの増加で、年初の3%から12月には25%まで上昇。ウイルス対策ソフトの定義ファイルによる検知を避ける目的で利用されており、マルウェアの高度化も背景にあるという。実際に同社では、マルウェアを保有する悪意あるウェブサイトについて、1年間に約50万件を確認している。

SNSを利用した攻撃も発生しており、ターゲットを絞った攻撃を行うために役員などの個人情報が収集しされており、同社では、9月に16時間で1100件を超える金融関係者の個人を狙った攻撃を確認している。

(Security NEXT - 2007/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
「ドコモ口座」の被害申告、あらたに16件49万円