Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASPやSaaS向けの情報セキュリティガイドラインで意見募集 - 総務省

総務省は、ASPやSaaSの情報セキュリティに関する対策ガイドラインを取りまとめ、パブリックコメントを開始した。意見の募集締め切りは2008年1月18日。

ASPやSaaSでは、企業の機密情報や顧客情報などを大量に取り扱う一方で、統一したセキュリティ基準などがないことから、同省では、これらサービス全般で必要とされる情報セキュリティ対策について検討する研究会を6月より開催。今回検討結果を、報告書案およびガイドライン案として取りまとめた。

同ガイドラインでは、組織や運用面、技術や物理的対策など、実施すべき情報セキュリティ対策の全般を対象としており、ASPやSaaS事業者の利用を想定したほか、サービスの利用者が選定する際にも役立つよう構成されている。

(Security NEXT - 2007/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
「水道料金を払わないと断水する」とだますフィッシング - 被害も発生
メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に