Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

親銀行から顧客情報受領したみずほ証券を戒告処分 - 東証とジャスダック

みずほ証券の従業員が、2006年に親銀行であるみずほコーポレート銀行から顧客情報を受領し、営業などを行っていた問題で、東京証券取引所やジャスダック証券取引所は処分を行った。

金融商品取引法(旧証券取引法)では、親法人などから非公開の顧客情報を受領したり、勧誘する行為を禁止しており、今回の件について金融庁では10月に同社に対して業務改善命令を行っている。

東証やジャスダックでは、同社を戒告処分とし、顧客情報の管理体制などの検証や業務改善報告書の提出、親銀行との独立性確保や再発防止策の策定について求めた。

(Security NEXT - 2007/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券
保険証券システムで他契約者情報が閲覧可能 - 日本ワイド少額短期保険