Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスター2008の一部環境で不具合 - アップデートを緊急公開

トレンドマイクロは、ウイルスバスター2008を利用する際、一部環境において不具合が発生するとしてアップデートを緊急リリースした。

一部の環境においてアップデート中にウイルスバスターが停止し、パソコンがハングアップする問題が発生したもの。「製品版」「月額版」「レンタル版」に影響があり、今回公開となった最新ビルド「ウイルスバスター2008(ビルド16.0.1645)」で問題を解決した。最新版へはアップデート機能により更新できる。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2007/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団