Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年金確認申立人の個人情報をインターネット上の公開資料に誤掲載

年金記録確認島根地方第三者委員会が、年金記録の確認申し立てに対する決定を公表する際、誤って申立人の個人情報をインターネット上に掲載する事故が発生した。

同委員会が、11月22日に公表した「あっせん案及び年金記録の訂正不要の決定について」について、申立人の個人情報1件を誤って掲載したもの。

本来個人情報が特定できないよう情報を伏せて公表されるが、申立人の氏名や生年月日、住所などが誤って記載された状態となっていた。誤って掲載された申立人に対しては、年金記録確認島根地方第三者委員会の事務室長が謝罪したという。

総務省では、14日にサイト上からデータを削除した上で事故について報道発表を行ったが、18日の時点でYahoo!の検索エンジン上にキャッシュとしてデータが残っていたことが本誌の指摘により判明、19日に削除が確認された。

(Security NEXT - 2007/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブサーバに脆弱性を突く不正アクセス - ロイヤルホームセンター
事件関係者の提出文書を紛失、審査に影響なし - 公取委
委託元に無関係の顧客情報を誤送信、非表示状態でファイル内に - 三菱UFJニコス
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」にあらたな脆弱性が判明
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり