Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Vistaやウェブ2.0、VoIPが新たなターゲット - 2008年のセキュリティ脅威

マカフィーは、2008年における情報セキュリティの脅威について、見通しを発表した。

同社の研究機関である「McAfee Avert Labs」がまとめたもので、フィッシング詐欺のターゲット拡大やファイルにウイルスを埋め込む感染型ウイルスの定番化、ボットネットの拡大、オンラインゲームの仮想通貨を狙った攻撃など、今年すでに発生している脅威が、今後ますます悪質かつ巧妙に進化することが懸念されている。

フィッシング詐欺では、大規模サイトにおいてセキュリティ対策が進む一方、セキュリティ対策が甘い小規模なサイトがターゲットになるという。またRMTにより金銭化できることから、オンラインゲームを標的とした攻撃も、引き続き増加すると見られている。

さらに「Windows Vista」や「ウェブ2.0」「VoIP」など、技術の定着とともにユーザー層が拡大し、攻撃対象へと移行することが予想されている。特にVoIPでは、対策が進んでおらず、50%の増加を同社では予測している。

(Security NEXT - 2007/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀