Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なくならないファイル交換ソフト経由の情報漏洩相談 - IPAが警鐘

情報処理推進機構は、「Winny」や「Share」といったファイル交換ソフトの利用に情報漏洩の危険が伴うとして再び警告を発している。

ファイル交換ソフトでは、利用者の操作ミスはもちろん、ウイルス感染により流出につながるケースも多く、実際に同機構へ「ファイル交換ソフトを利用したことにより会社の情報漏洩した」との相談が毎月多数寄せられているという。2007年11月は特に相談件数の増加が著しく、11件から31件に跳ね上がった。

こうしたファイル交換ソフトは、数十万台といった規模でネットワークが構築されているケースもあり、流出して多数利用者にダウンロードされると、事実上回収が不可能となることから、IPAでは「興味本位で利用することは絶対に慎むべき」と警告を発している。

ファイル交換ソフトをインストールした私用パソコンからの漏洩や、本人がファイル交換ソフトを利用していなくても家族が利用しているケースや、消去したつもりのファイルがドライブ上に残存し、外部へ流出するなど、注意を払っても情報漏洩事故につながるケースが目立ち、「利用し続ける限りは、情報漏えい事故はなくならない」と注意を呼びかけた。

(Security NEXT - 2007/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市