Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cloudmarkのスパム対策エンジンを搭載した「Panda GateDefender Performa」が登場

PS Japanは、ウイルスやスパムなどの侵入を防止するセキュリティソリューション「Panda GateDefender Performa 3.0」をリリースした。

最新版では、Cloudmarkのスパム対策エンジンをあらたに搭載し、日本語が記載されたスパムに対する検出機能が強化された。またインスタントメッセンジャーやファイル交換ソフトなどP2Pソフトの使用についても防御できる。

また、マルウェアやスパム、コンテンツフィルタに隔離機能を追加したほか、未知のマルウェアが発見された場合、同社研究機関に送付して駆除を行う。さらにLDAPやActive Directoryへ対応。ユーザーやグループごとに異なるセキュリティポリシーが設定可能となった。

同社では、今回の発売を記念し、2008年1月31日までスパム対策キャンペーンを実施する。アンチウイルスとアンチスパムライセンスを新規で購入したユーザーを対象に初年度費用をアンチウイルスライセンスと同額で提供するほか、アンチスパムライセンスを新規で購入した場合、初年度費用が標準ライセンス価格の半額となる。

(Security NEXT - 2007/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でボランティア参加者のメアド流出 - 富山県
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
「一斉送信機能」がメール誤送信の原因に - 諏訪市
サイトが侵害被害、検索サイト経由で無関係サイトにリダイレクト - 宝塚大
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
サプライチェーンのセキュリティ評価サービスを機能強化 - NRIセキュア
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし