Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cloudmarkのスパム対策エンジンを搭載した「Panda GateDefender Performa」が登場

PS Japanは、ウイルスやスパムなどの侵入を防止するセキュリティソリューション「Panda GateDefender Performa 3.0」をリリースした。

最新版では、Cloudmarkのスパム対策エンジンをあらたに搭載し、日本語が記載されたスパムに対する検出機能が強化された。またインスタントメッセンジャーやファイル交換ソフトなどP2Pソフトの使用についても防御できる。

また、マルウェアやスパム、コンテンツフィルタに隔離機能を追加したほか、未知のマルウェアが発見された場合、同社研究機関に送付して駆除を行う。さらにLDAPやActive Directoryへ対応。ユーザーやグループごとに異なるセキュリティポリシーが設定可能となった。

同社では、今回の発売を記念し、2008年1月31日までスパム対策キャンペーンを実施する。アンチウイルスとアンチスパムライセンスを新規で購入したユーザーを対象に初年度費用をアンチウイルスライセンスと同額で提供するほか、アンチスパムライセンスを新規で購入した場合、初年度費用が標準ライセンス価格の半額となる。

(Security NEXT - 2007/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ
調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア