Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビジネス情報サイト「海」が不正アクセス被害

ミロク情報サービスが運営するビジネス情報サイト「海」が、不正アクセスの被害に遭っていたことがわかった。

同社の発表によると、10月22日にウェブサイト上で不正な記述があることに気が付き、翌23日に不正アクセスが原因であることが判明、サービスを一時停止したという。不正アクセスによる会員情報の漏洩被害はないとしている。

同社では、安全性が確認されたとして同月25日からサイトを再開しているが、システムの調査や改修を理由に、会員機能や一部サービスを停止している。サービスは順次再開していく予定で、2008年1月までにすべての機能が提供される見込み。

(Security NEXT - 2007/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
「dアカウントがまもなく停止」 - NTTドコモ装うフィッシングに注意
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
米政府、「Pulse Connect Secure」狙うマルウェアの解析情報
発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
Windowsドメインを乗っ取る「PetitPotam攻撃」 - PoCが公開済み