Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの設定ミスで個人情報が流出 - エフエム群馬

エフエム群馬は、視聴者などの個人情報が外部から一時閲覧できる状態になり、一部が流出したと発表した。

設定ミスにより外部より閲覧可能となっていたのは、同社ウェブサイトで募集した番組メッセージやコンサートの入場応募者など6種類のデータ。氏名や住所、電話番号など1839人分の個人情報が含まれていた。一部は検索エンジンに登録されたり、外部からアクセスされた形跡があったという。

同社では、関係者へ今回の事故に対する謝罪の書面を送付。今後は設定確認の強化やデータ削除の迅速化により再発を防止したいとしている。

エフエム群馬
http://www.fmgunma.com/

(Security NEXT - 2007/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数サーバにサイバー攻撃 - 施設設備の施工会社
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性