Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの設定ミスで個人情報が流出 - エフエム群馬

エフエム群馬は、視聴者などの個人情報が外部から一時閲覧できる状態になり、一部が流出したと発表した。

設定ミスにより外部より閲覧可能となっていたのは、同社ウェブサイトで募集した番組メッセージやコンサートの入場応募者など6種類のデータ。氏名や住所、電話番号など1839人分の個人情報が含まれていた。一部は検索エンジンに登録されたり、外部からアクセスされた形跡があったという。

同社では、関係者へ今回の事故に対する謝罪の書面を送付。今後は設定確認の強化やデータ削除の迅速化により再発を防止したいとしている。

エフエム群馬
http://www.fmgunma.com/

(Security NEXT - 2007/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性