Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの設定ミスで個人情報が流出 - エフエム群馬

エフエム群馬は、視聴者などの個人情報が外部から一時閲覧できる状態になり、一部が流出したと発表した。

設定ミスにより外部より閲覧可能となっていたのは、同社ウェブサイトで募集した番組メッセージやコンサートの入場応募者など6種類のデータ。氏名や住所、電話番号など1839人分の個人情報が含まれていた。一部は検索エンジンに登録されたり、外部からアクセスされた形跡があったという。

同社では、関係者へ今回の事故に対する謝罪の書面を送付。今後は設定確認の強化やデータ削除の迅速化により再発を防止したいとしている。

エフエム群馬
http://www.fmgunma.com/

(Security NEXT - 2007/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工
家計調査の世帯情報をLINEで誤送信 - 佐賀県
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
「大丸松坂屋カード」のフィッシング - 偽利用明細メールで不安煽る
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
ニッセン関連会社装うフィッシング - 「本人確認が済んでいない」と不安煽る
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI