Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットデビュー3歳から5歳がピーク - フィルタリング利用わずか2割弱

インターネット利用の低年齢化が進んでいる。NTTレゾナントと三菱総合研究所が実施した調査により判明した。

両社が運営する「gooリサーチ」によるもので、8月24日から9月10日まで小学生向けポータルサイトで小学生の保護者2000人を対象に調べた。2006年6月以来の調査となり、今回で5回目。

インターネット上の調査ということもあり、回答者のブロードバンド利用率が94.5%と高かった。インターネットデビューは3歳から5歳がピーク。小学校1年生までに5割がインターネットを経験している。ネットゲームや調べものといった目的がいずれも半数以上と目立った。さらに小学生の4分の1が、チャットやSNSなどネット上で知り合った人間とコミュニケーションを取っているという。

情報モラル教育は、学校より家庭で行うべきと考える保護者は7割を超え、実際に5割が実施。しかし内容は保護者の経験や知識の範囲内とするケースが7割強と多い。

青少年に有害とされるウェブサイトへのアクセスをコントロールする手段として、国などフィルタリングの啓蒙に力をいれていることもあり、75.5%が認知しているものの、実際の利用はわずか16.7%にとどまっている。約半数の保護者は不適切なページにはアクセスしておらず、不要と感じているという。

(Security NEXT - 2007/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応