Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員の個人情報や取引先情報がWinny流出 - 派遣請負会社

業務請負や人材派遣を展開する宮内工産グループ会社の総商セレクトは、富士事業所に勤務する従業員の自宅パソコンから、従業員の個人情報や取引先情報などがWinnyを介して流出したことを明らかにした。

流出した可能性が高いのは、同社旧沼津事業所において、2004年ごろから2007年8月ごろまでに扱った社内情報の一部。当時の従業員226人の氏名や住所を含む名簿のほか、取引先14社の担当者氏名、会社情報含む請求書、稼動集計表、派遣契約書などが、10月9日以降に流出した。

同従業員が自宅で業務を行うため、社内情報を無断で持ち出して自宅のパソコンに保存。その後ウイルスに感染したことに気付かずWinnyを利用したため、ネットワーク上にデータが流出したと見られている。10月10日、同社に流出を指摘する匿名の電話があり判明した。

同社では、流出した可能性のある情報の特定し、関係者に対して謝罪や二次被害の注意呼びかけを行っている。また所轄官庁に事故を報告した。同社では再発防止に向け、情報の持ち出しや個人パソコンの業務利用禁止を再度徹底したほか、情報セキュリティに関する研修を実施するという。

(Security NEXT - 2007/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に