Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、ウイルスの誤検知が2件発生 - 現在は修正済み

トレンドマイクロが2007年10月17日、18日に提供したウイルスパターンファイルにおいて、誤警告が発生した。いずれも同日中に問題を解消した定義ファイルを提供しており、最新の定義ファイルを適用すれば問題は発生しない。

今回発生したのは、正常なファイルを誤ってウイルスと検知してしまう不具合で、指示通りファイルの隔離や削除を行った場合、ファイルを利用するソフトウェアが利用できなくなる可能性がある。誤警告に対する対処が隔離であった場合は、復旧することができる。

17日に提供したパターンファイル「4.777.00」では、ウイルスに感染していないにも関わらず、特定のファイルについて「TROJ_HARADONG.A」として警告する現象が発生。同社は、同日18時45分ごろより問題を修正した「4.779.00」を公開した。影響が受ける具体的なソフトウェアについてはアナウンスされていない。

また翌18日に公開した「4.781.00」では、クオリティの「QND Plus Ver.9.3」について「TROJ_DLOADER.QCG」と誤検知する問題を確認。同社は同日18時ごろに問題を解決した「4.783.00」の提供を開始している。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2007/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る