Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話のSMSによる架空請求が急増 - 東京都が注意喚起

東京都は、携帯電話のSMSを利用した架空請求に関する相談が増えているとして、メールに記載された電話番号に連絡などしないよう、注意を呼びかけている。

都によると、消費生活センターなどに、情報サイトの利用料金などを名目に不正に料金を請求するショートメールが届くといった相談が多く寄せられているという。払わなければ回収業者が自宅に押しかけるなどと脅迫したり、一度振り込むとさらに金額を上乗せして請求するケースなど悪質で、実際に金銭を振り込んでしまった事例も報告されている。

相談件数は、4月は98件だったが、その後増加し8月には320件、9月は10日の時点で104件寄せられている。メールに記載された電話番号へ連絡すると、金銭の支払いを要求されたり、個人情報を聞き出されて執拗な請求を受けることもあり、注意が必要だ。

都では、不審なメールが届いた場合は折り返し連絡をせずに、各電話会社の迷惑メール申告窓口に情報提供するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会