Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トラステッド、秘密分散法ライブラリーの新版を提供 - 高速処理が可能に

トラステッドソリューションズは、データを暗号化し複数に分割して安全に保管する「新秘密分散法ライブラリー Ver3.0」の提供を開始した。

同製品は、機密データを暗号化しながら複数に分割する技術「秘密分散法」を提供するライブラリ。秘密分散法では、分割された情報の1片が持ち出されても元データの復元できないのが特徴で、同社では従来よりライセンス提供を行っており、今回最新版を開発した。

今回提供される最新版では、データの高速処理が実現。復元処理においては、処理効率が25%向上した。また個別のファイルだけでなく、ディレクトリ全体を秘密分散処理することが可能になったほか、出入力がファイルベースからストリームベースになったため、データを直接処理できるようになった。

さらにタイムスタンプやファイル属性の記録、復元が可能となったほか、上級APIを利用して分散化したデータに独自の情報を追加したり、独自のデータフォーマット内に埋め込むといった操作が可能になった。

(Security NEXT - 2007/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消