Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ標語ポスター」の入選候補作品を公開 - IPA

情報処理推進機構は、同機構が開催している情報セキュリティを題材にした標語やポスターのコンテストにおいて、入選候補作品を選出し、公開した。ウイルスや情報漏洩の危険、モラルの大切さを訴える作品が並んだ。

コンテストは、全国の小学校から高校生までを対象に、情報セキュリティ対策の意識を高めるため、同機構が実施しているもので、今回で3回目。7月より作品を募集し、今回1606の応募作品から、44作品が入選候補として決定した。

同機構では、候補作品をインターネット上で公開しており、意見や感想を募集している。入選作品は、10月30日に「IPAフォーラム 2007」会場で表彰式が行われる。また、IPAと協力関係にある韓国のKISAにおいても、毎年6月に開催される「情報セキュリティ週間」で紹介される予定。

「第3回 情報セキュリティ標語ポスター」の入選候補作品決定とご意見募集
http://www.ipa.go.jp/about/pubcomme/200710/index.html

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2007/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に