Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアドレス約4000件が約6カ月間ネット上で閲覧可能に - インテリジェンス

人材派遣サービスなどを展開するインテリジェンスは、同社アルバイト情報検索サイト「OPPO」において実施したアンケートで回収したメールアドレスが、約6カ月間ネット上で閲覧可能だったと発表した。

閲覧可能だったデータは、2007年3月5日から同年4月15日の間、同サイト上で実施されたアンケートに回答した4129人分のメールアドレス。3月5日から9月19日の間、インターネット上から閲覧できる状態にあったという。

原因はファイル設定の不備で、同社では判明後ただちに設定を変更した。また関連する顧客に対し、個別に説明と謝罪をするという。

(Security NEXT - 2007/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも
「macOS」にアップデート - ゼロデイ脆弱性にも対応
個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出