Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京都市から受託した個人情報を置き忘れにより紛失 - 富士通関連会社

富士通アクセスは、京都市から受託していた個人情報を9月5日に委託先が紛失したと発表した。

紛失したのは、京都市が高齢者や重度身体障害者向けに提供している緊急通報システム「あんしんネット119」の保守点検シート。富士通アクセスの委託先である若葉給排気設備センターの従業員が、京都市内公衆トイレに置き忘れたという。

書類には、氏名や住所、電話番号など12件の利用者情報が記載されていた。紛失した個人情報が悪用されたとの報告は受けていないという。同社では関係者を個別に訪問して謝罪、事情を説明する。

(Security NEXT - 2007/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意