Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政機関などの個人情報漏洩は1807件 - 1000人超の漏洩も25件に

2006年度の行政機関および独立行政法人における個人情報関連の事故は1807件で、昨年度の1175件より増加したことが、総務省の調査によりわかった。

同発表は、国のすべての行政機関および独立行政法人217法人を対象に、2006年4月1日から2007年3月31日までの個人情報保護法の施行状況について調査を実施、まとめたもの。

調査によれば、漏洩や滅失、き損の発生件数は、行政機関では530件、独立行政法人では1277件だった。それぞれ昨年度の発生件数である320件、855件から大きく上回る結果となった。

機関別にみると、行政機関のなかでもっとも多かったのが社会保険庁で、全体の46.4%を占める246件。次に多かったのが厚生労働省の177件で、両機関だけで全体の約8割を占めた。独立行政法人では、日本郵政公社の977件が全体の76.5%を占めた。

発生原因については「誤送付・誤送信」がいずれの機関とも6割を占めてもっとも多い。また「紛失」も多く、行政機関では79件、独立行政法人では164件の事故が発生した。ネット上に個人情報が流出する事故は、行政機関が10件、独立行政法人が20件だった。

いずれも事故の規模は、1人から5人までの漏洩が8割前後だが、101人分以上の個人流出した事故は行政機関で45件、独立行政法人で74件が発生。そのうち1001人以上が流出したケースもそれぞれ9件、16件が発生した。

事故発生後の対応については、9割以上が「本人などへの情報提供」「再発防止策」を実施している。しかし、事業者などに可能な限り対応するよう求められる事故の公表については、行政機関は81.1%を公表する一方、独立行政法人は、1277件中84件とわずか6.6%にとどまり、公表をしないケースが大半を占めていることがわかった。再発防止策では、「職員の指導監督」「職員の教育研修」を実施する機関が目立った。

関係者の処分が行われたのは、行政機関では34.3%、独立行政法人では7.9%。そのほとんどが訓戒処分で、懲戒処分が行われたのは行政機関では8件、独立行政法人では14件だった。刑事告発した事例は、それぞれ5件、1件だった。

(Security NEXT - 2007/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査