Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracleの障害対応や性能分析をサポートするサービス - OKI

沖電気は、Oracleデータベースの稼働状況を常時監視し、障害発生時に対応するサービス「DressUP Performance Support for Oracle Database」を10月1日より提供開始する。

同サービスは、システムに負荷を与えずにデータベースの稼働状況を監視、分析するツール「MaxGauge」を用いて、障害時のサポートや性能分析を提供するもの。障害発生時にはORACLE MASTER Platinumを取得したデータベースエンジニアがログの分析を行い、原因究明やサポートを提供する。

また性能診断レポートが年2回、任意のタイミングで提供され、ログから通常運用時における性能劣化を監視し、問題の発生を未然に防ぐことができる。

(Security NEXT - 2007/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件