Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GPS付き段ボールで回収する機密文書処理サービス - 西濃運輸

西濃運輸は、GPS端末が装着された専用の段ボール箱を利用する機密文書溶解処理サービス「機密書類回収BOX」を、9月10日より開始する。利用価格は、全国一律1800円。

同サービスは、個人情報などの機密情報が含まれる書類を回収し、溶解処理を行う廃棄サービス。段ボール1個から受け付けるため、少量の書類でも確実に廃棄できる。専用の段ボールケースを無料で届け、ドライバーが回収。そのまま富士市内の製紙会社において溶解処理され、段ボール原紙に再生される。

回収ケースには、セコムのGPS端末「ココセコム」が装着されており、溶解処理されるまでの位置情報が把握できる。また、処理後には「溶解証明書」が発行される。

(Security NEXT - 2007/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員採用試験合格通知メールを不合格者に誤送信 - 長野県
中小企業におけるセキュリティ対策の実態調査を実施 - IPA
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性