Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通知表が職員室のロッカー内からなくなる - 大阪の市立小学校

大阪市内の小学校において、2年生の生徒29名分の通知表がなくなっていたことがわかった。

所在がわからなくなっているのは、同校の2年生29名分の通知表。同市教育委員会によれば、通知票は職員室のロッカー内に保管されていたが、7月20日の終業式の朝に担任がロッカーを開けたところ、なくなっていたという。捜索したが見つからず、新しく作成して生徒に渡したという。

紛失が判明した時点で保護者への説明や教育委員会への報告を行われておらず、同校の対応が不十分であったとして、同教育委員会では同校管理職に対して指摘を実施した。また、関連する生徒の保護者に対し家庭訪問を行い、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2007/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇