Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、携帯電話対応のEV SSL証明書を発行

日本ベリサインは、携帯電話とパソコンに対応したEV SSL証明書「ベリサイン グローバル・サーバID EV for Mobile」の提供を開始した。

EV SSL証明書は、ウェブサイトを運営する組織の実在性を検証する方法を規定したガイドラインに基づいて発行されるSSL証明書。「ベリサイン グローバル・サーバID EV for Mobile」は、携帯電話向けに発行される。

同社ではこれまで、フィッシング詐欺対策として金融業界を中心に提供してきたが、携帯電話用サイトを持つ企業が増加している現状を受け、携帯対応の同サービスを開発した。

国内で販売されているSSL対応の携帯電話に対応するほか、パソコンからのアクセスにも対応。価格は、22万9950円/1年間、44万7300円/2年間。

(Security NEXT - 2007/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Instagramに偽アカウント - キングジムが注意喚起
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
クラウド顧客管理システムに設定不備、調査で判明 - ホーユー
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
メール誤送信、情報共有せず他課で再発 - 那覇市
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」