Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス被害は分散傾向 - トップ10合計も被害全体の1割に達せず

トレンドマイクロは、7月に国内のサポートセンターへ寄せられたウイルス被害をまとめた。被害報告数は前月調査の4799件より減少し、4445件だった。

今回もっとも多く被害が報告されている「BKDR_AGENT」でも54件で全体の約1.2%に過ぎず、トップ10を合計しても約6.5%もとどまり、感染被害の分散が進んでいる。また今回の調査では、2位の「TSPY_GAIN」や5位の「ADWARE_BESTOFFER」など、圏外から登場したウイルスやあらたに発見されたウイルスをトップ10中、6種類を占めており、被害件数が突出しない分、順位の入れ替わりも激しい状態だ。

7月は国内においてウェブサイトが改ざん被害に遭い、ダウンロードするようし向けられていたトロイの木馬「TSPY_LINEAGE」が9位にランクインしている。トレンドマイクロでは、今回国内で発生したウェブの改ざん事件は、感染するウイルスが単独だったが、複数の不正なプログラムが次々と感染する「シーケンシャル攻撃」が海外で発生しており、今後国内でも同様の被害が発生するおそれがあるとして警告を発している。

また同社では新種ウイルスとして、「TROJ_BANLOAD.CGL」についても注意を喚起している。7月17日にブラジルで発生した飛行機事故の情報を装ったスパムメールを送信し、URLをクリックすると連鎖的に不正なプログラムをダウンロードさせるという。

同社が発表したウイルストップテンは以下のとおり。

1位:BKDR_AGENT
2位:TSPY_GAIN
3位:BKDR_HUPIGON
4位:TROJ_VB
5位:ADWARE_BESTOFFERS
6位:TROJ_DLOADER
6位:TROJ_VUNDO
8位:EXPL_ANICMOO
9位:TSPY_LINEAGE
10位:WORM_RBOT

(Security NEXT - 2007/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県