Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が担当科目受講生の情報を保存したUSBメモリを紛失 - 前橋国際大学

共愛学園前橋国際大学は、同大学の教員が個人情報を保存したUSBメモリを紛失したと発表した。

所在不明となっているUSBメモリには、同教員が2006年度後期に担当した科目の受講者101人分の氏名や学籍番号、一部成績などが保存されていた。同教員は、6月24日に筆記用具ごと紛失していることに気が付き、捜索したが見つからず、7月4日に大学へ事態を報告したという。

不正利用などの報告は受けていないという。同学では、関係者に対して事情を説明する文書を送付、謝罪した。また所管官庁である文部科学省に事態を報告した。

(Security NEXT - 2007/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市