Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイキュエス、家庭向けフィルタリングサービスを機能強化

アイキュエスは、家庭向けウェブフィルタリングサービスの最新版「親子ネットVer 3.5」を、7月19日より提供開始する。ウェブ閲覧履歴を確認できる機能を追加した。

同サービスは、子供にとって有害な内容を含むサイトへのアクセスを遮断するフィルタリング機能を、インターネット経由で提供するASPサービス。子供が1人でインターネットを利用する機会が増える夏休みを前に、機能強化した最新版をリリースした。

今回の最新版では、子供のウェブ閲覧履歴を保護者が確認できる機能を追加。日時、URL、ブロックされたカテゴリなどが確認できるほか、ユーザーごとに閲覧履歴が出力できるため、子供が閲覧したサイトの内容確認も行える。

利用料金は、1家庭で月額300円。家庭内の複数のパソコンに導入する場合でも料金は変わらない。旧版からのバージョンアップは無料。

(Security NEXT - 2007/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施