Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロゴなど利用した巧妙なフィッシング詐欺サイトに注意呼びかけ - 新生銀行

新生銀行は、同社ウェブサイトを偽装したフィッシング詐欺サイトを確認したとして注意を呼びかけている。

問題のフィッシング詐欺サイトは、同社のオンラインバンキングサービス「新生パワーダイレクト」のIDやパスワードなどを不正に入手するため設置されたもので、ロゴなどを利用し、英語版のログインサイトを巧妙に模倣しているという。

同サイトへアクセスを促すスパムメールが7月11日に確認されており、件名のバリエーションについてもすでに6種類が確認された。いずれも英語で記載されており、同行利用者であるかないかにかかわらず無作為に送信されている。

同行では、メールに従いログインしてしまった場合は、同社コールセンターへ連絡し、暗証番号の変更手続きなどを取ってほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など