Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むUSBメモリや出席簿を盗まれる - 福岡大学

福岡大学は、人文学部の教員が車上荒らしに遭い、学生の個人情報が保存されたUSBメモリや出席簿などが盗まれたと発表した。

同教員が7月4日、帰宅途中に立ち寄ったスーパーの駐車場で車上荒らしに遭い、車内に置いてあった鞄を何者かに盗まれたもの。車は施錠してあったという。

被害に遭ったメモリには、同教員のゼミに所属する学生13名の氏名、住所、携帯電話番号、メールアドレスのほか、非常勤先の大学で行った小テスト約10名分などが保存されていた。また同大学の学生約110名および非常勤先の学生約40名の氏名、学籍番号、出席情報などを含む出席簿や、小テストの答案約60名分なども持ち去られたという。

車上荒らしに気が付き、被害届を提出した。盗まれた情報の不正利用といった報告は受けていないという。大学では関連する学生に対して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2007/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出