Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内で人気のフリーウェア「+Lhaca 」を狙ったトロイの木馬現る

日本国内で人気のアーカイブソフト「+Lhaca 1.20」の脆弱性を標的にしたトロイの木馬が発生した。問題を解決したバージョンの提供も開始されている。

今回、LZH形式のファイルへ不正なコードが埋め込まれたトロイの木馬が見つかったもので、今回脆弱性が見つかったフリーウェア「+Lhaca」は、同形式の圧縮や解凍が行えるフリーウェア。国内では、ファイルの圧縮形式「LZH」を利用するユーザーが多く、手軽に利用できることから同ソフトは人気があり、ポータルサイトの人気投票で大賞なども受賞した経歴もある。

「+Lhaca 1.20」で問題のファイルを開こうとするとバッファオーバーフローが発生、バックドアが仕掛けられるおそれがある。米Symantecが利用者からファイルを提供され、不正なコードを発見した。

今回の脆弱性発見を受け、同ソフトの作者は「+Lhaca 1.21」をウェブ上で公開した。ウェブページによると、現時点では正式版ではなく、詳細を確認した後、正式版にするとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2007/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ