Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組合員の口座情報含む書類を委託先が紛失 - 島根の生協

生活協同組合しまねは、組合員41名分の「口座振替依頼書」および「登録口座変更届」について、委託先で所在がわからなくなっていると発表した。

行方がわからなくなっているのは、組合員41名分の個人情報や口座情報が記載された「口座振替依頼書」および「登録口座変更届」。ヤマト運輸を通じて4月27日に広島貯金事務センター宛てに発送したが、6月分の商品代金引き落としの際に未登録のデータが見つかったことで、今回の紛失が判明した。

ヤマト運輸で引き続き捜索を行うとともに、警察に紛失届を提出した。同生協では、紛失した情報の悪用を未然に防ぐため、関連する組合員へ口座の変更や二次被害を受けていないかなど、確認を求めている。

(Security NEXT - 2007/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件