Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

凸版印刷、決済ごとに認証データを変える「動的認証」のICクレジットカードを開発

凸版印刷は、決済のたびに認証データを変更する「動的認証」方式を採用したICクレジットカードを開発した。ICカード製品「SMARTICS-C2DN」として6月より販売開始する。

同社が開発したのは、「DDA」と呼ばれる動的認証方式を採用したICクレジットカード。国内に普及しているICクレジットカードが採用している「静的認証(SDA)」では、カードから端末に送る認証データが固定であるのに対し、動的認証では、端末から送られた乱数をもとに認証データを作成する。

動的認証では、決済ごとに認証データが異なり、通信記録を盗聴されても認証データの特定が困難なため、偽造カードの作成が難しいという。同製品は、同社が独自開発したICカード用OSを採用したことで、従来の「動的認証」製品に比べ約15%のコストダウンが実現。また静的認証にも対応し、キャッシュカード機能一体型のカードとしても利用可能。

(Security NEXT - 2007/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か