Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ふるまい検知機能を追加した「ウイルスドクター」最新版

デジターボは、ウイルスやスパイウェアの対策製品「ウイルスドクター」シリーズの最新版を6月21日より発売する。

最新版では、従来の定義ファイルによる対応だけでなく、「ふるまい検知機能」により、亜種や変種をはじめとする未知のウイルスやスパイウェアに対応する。また「迷惑メールフィルター」「WEBフィルター」など、あらたに搭載した。

基本機能を備えた「ウイルスドクターVer.11 ベーシック」にくわえ、ファイアウォール機能を搭載した上位版「ウイルスドクターVer.11 +ファイアウォール」を提供する。価格はそれぞれ3129円、4179円。ダウンロード版やマルチライセンス版も用意した。

「ウイルスドクターVer.10」シリーズのユーザーは、9月30日まで通常の更新機能により無償でアップグレードできる。

(Security NEXT - 2007/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性