Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を記録したUSBメモリの紛失が教育機関で相次ぐ

堺市の小学校や横浜市の保育園、愛知県津島市の高校などで、各地の教育機関で生徒の個人情報紛失事故が発生している。いずれもUSBメモリを紛失したものだった。

堺市では、5月16日に市立小学校の教師が帰宅途中、生徒の個人情報が保存されたUSBメモリを鞄ごと落とした。メモリには、教師が担当する生徒36名の氏名、保護者氏名、住所、電話番号などが含まれる。

一方横浜市鶴見区では、市立保育園のアルバイト職員が、5月26日に園児の個人情報を含むUSBメモリを紛失したことが判明。紛失した個人所有のUSBメモリは、データをコピーする際に利用したもので、利用後に消去を行っていなかった。メモリには、園児89名の氏名を含む「時間外託児児童出席表」と、園児70名の名字を含む「幼児クラス連絡表」が保存されていた。

さらに5月27日には、津島市内の県立高校の男性教師が車上荒らしに遭い、生徒の個人情報を含むメモリが盗まれた。前任校の生徒560名の氏名、住所、電話番号、および現在勤務している高校の生徒668名の氏名と生年月日などが含まれているという。

(Security NEXT - 2007/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発