Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

税務関連書類や小学校の緊急連絡網など2件の個人情報紛失事故 - 北九州市

北九州市において税務関連書類や学校の緊急連絡網など、個人情報関連書類の紛失事故が2件発生した。

税務関連書類で所在不明となっているのは、2007年度の個人市民税や県民税の資料「給与支払報告書」。同資料はバインダー管理されているが、4月26日に1262冊のうち1冊が棚からなくなっていることに気が付いたという。同バインダには、18社433人分の個人情報などを記録していた。

「給与支払報告書」は「個人別明細書」「総括票」を含み、「個人別明細書」では、氏名や住所、生年月日、給与支払額や控除額と入った税金関連の情報が保存されていた。また「総括票」として、企業会社名や住所、代表者名、担当者、提出枚数など記載されている。

同市では庁舎内や関係者への調査を実施したが発見できなかったという。断定できないが、機密情報として委託先により廃棄処分された可能性が高いという。

また同市において、5月27日に同市小学校教師がJR鹿児島本線車内に鞄を置き忘れ、何者かに持ち去られる事件が発生し、「学習指導計画書」や「クラスの緊急連絡網」を紛失。32名分の個人情報が含まれるという。

同教師は、電車で寝過ごし、あわてて下車したことから鞄を置き忘れたという。同校では、保護者に事情を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2007/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕