Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

融資関連書類の紛失を公表 - 淡路信用金庫

淡路信用金庫は、個人情報を含む融資に関連した書類の紛失を公表した。

紛失したのは、融資の申し込み時に承認する際に用いられる「貸出金稟議書」。顧客の法人名や顧客番号、代表者の氏名などが含まれるほか、融資の認可条件なども記載されていたという。

本部から申し込みを受け付けた支店へ2月22日に社内便で送付したが、本来含まれるファイルに入っておらず紛失が判明。経緯などは判明していないという。同金庫では関連する顧客に対して事態を説明、謝罪したという。

(Security NEXT - 2007/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明