Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メール内のURL情報をフィルタリング事業者に無償提供 - 日本データ通信協会

日本データ通信協会は、同協会に情報提供された迷惑メールやチェーンメールのURL情報を、フィルタリング事業者に無償提供すると発表した。

同協会の迷惑メール相談センターに寄せられたメールのURL情報を、URLコンテンツカテゴリフィルタを提供する事業者、およびURLコンテンツカテゴリビジネスを行っている事業者に対し提供するもの。迷惑メール判定精度の向上などに利用できる。

提供されるのは、相談センター宛てに提供されたメールおよび転送された携帯チェーンメールに含まれるURL情報。個人や一般企業、ブラウジング時のフィルタのみを提供している事業者は、提供の対象外となっている。URL情報はメールで送付され、情報提供を受けている事業者名は公開される。

(Security NEXT - 2007/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開