Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島県施設が迷惑メール約10万通の踏み台に

福島県のサーバが踏み台となり10万通のメールが配信されたことがわかった。

踏み台被害にあったのは、福島県の公設試験研究機関であるハイテクプラザのサーバ。5月2日から9日までの間に外国語で書かれた約10万通の迷惑メールがサーバを通じて配信されたもので、同県では警察やJPCERT/CCへ被害を報告した。

送付されたメールはウイルスへ感染しておらず、個人情報の漏洩といった被害はなかったという。同県では、受信した場合は、すぐに削除してほしいと注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加