Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ITmediaが不正アクセスで改ざん被害 - 不正なコード埋め込まれる

アイティメディアは、同社が運営するIT関連ニュースのポータルサイト「ITmedia」のサーバが不正アクセスを受け、一部データが不正に書き換えられたことを明らかにした。公開したページの一部にIEの脆弱性を攻撃する不正なコードが埋め込まれていたため、利用者に注意を促している。

同社によれば、公開準備サーバが不正侵入され、その結果「ITmedia Biz.ID」のトップページをはじめ、「TechTargetジャパン」のWebキャストページ、「ITmediaメールマガジン」の案内など、3ページについて改ざんされた状態で4月27日夕方から5月1日昼過ぎまで公開したという。

書き換えられたページには、IEの脆弱性を攻撃するコードが埋め込まれていた。脆弱性は既知のもので、すでにマイクロソフトが問題を解消する更新プログラムを提供しているが、適用していない場合、無関係のウェブサイトへアクセスさせられる可能性がある。

同社では、問題のページにアクセスした場合、ウイルス対策ソフトなどでチェックしてほしいと呼びかけている。また公開しているファイルの調査を実施したほか、不正侵入経路を特定した上で遮断。監視ツールの設置などを対策を進めている。

(Security NEXT - 2007/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所