Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政公社、書留郵便の配達証など約6万枚を誤廃棄 - 一部配達証明できず

日本郵政公社は、4月4日に埼玉県内の郵便局で配達証など約6万3400枚を誤って廃棄したことが判明したと発表した。

今回紛失が判明したのは、入間郵便局が2月に扱った書留郵便の配達証や原符、小包の引受局控、レタックスの送受信原稿、着払配達証など、業務用書類約6万3400枚。今回の紛失により一般書留郵便物について配達状況は確認できるものの、配達を証明できなくなるなど影響が出ている。

同社が調査を実施したところ、関係書類を誤って処分していたことがわかった。同社では外部事業者に処理を委託しており、溶解処理などを実施していることから悪用される可能性はないとしている。

(Security NEXT - 2007/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII