Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公益法人約2万6000団体に違法コピー防止を呼びかけるDM - ACCS

コンピュータソフトウェア著作権協会は、公益法人に対して団体内における違法コピーを防止するよう呼びかけを行った。

啓発活動の一環として行われたもので、一般企業以上に社会的責任が求められるとして、同協会では全国の社団法人や財団法人など約2万6000団体を対象にダイレクトメールを送付した。

同協会ではセミナーやキャンペーンなど実施しているが、ダイレクトメールは今回がはじめての取り組みだという。ダイレクトメールでは、管理手順の説明や関連ウェブサイト「ソフトウェア管理のすすめ」を案内した。

ソフトウェア管理のすすめ」
https://www2.accsjp.or.jp/~sam/

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 94.0.4606.61」をリリース - 悪用コードが公開済み
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開