Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公益法人約2万6000団体に違法コピー防止を呼びかけるDM - ACCS

コンピュータソフトウェア著作権協会は、公益法人に対して団体内における違法コピーを防止するよう呼びかけを行った。

啓発活動の一環として行われたもので、一般企業以上に社会的責任が求められるとして、同協会では全国の社団法人や財団法人など約2万6000団体を対象にダイレクトメールを送付した。

同協会ではセミナーやキャンペーンなど実施しているが、ダイレクトメールは今回がはじめての取り組みだという。ダイレクトメールでは、管理手順の説明や関連ウェブサイト「ソフトウェア管理のすすめ」を案内した。

ソフトウェア管理のすすめ」
https://www2.accsjp.or.jp/~sam/

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性