Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトウェア脆弱性の届け出件数、過去最高だった前四半期から大きく減少 - IPA

今四半期において、ソフトウェア製品に関する脆弱性の届け出が前四半期と比較し、大幅に減少したことが情報処理推進機構とJPCERT コーディネーションセンターのまとめによりわかった。ウェブサイトについては微増となっている。

2007年第1四半期にIPAへ届けられた脆弱性関連情報の状況をまとめたもの。IPAでは脆弱性関連情報の届け出について受け付け、JPCERT/CCが国内の製品開発者などの関連組織との調整を行っている。

今四半期のソフトウェア製品に関する脆弱性の届け出は36件。2006年は件数の増減が激しい年となり、第4四半期には123件と大幅に増加、過去最高を記録したが、今四半期では再び40件以下に落ち着いた。

またIPAでは今四半期から、共通脆弱性評価システム「CVSS」を用いた脆弱性の深刻度評価を開始しており、算出した深刻度を「レベルI(注意)」、「レベルII(警告)」、「レベルIII(危険)」に分類している。

届け出を受けた脆弱性のうち、もっとも深刻度の高いレベルIIIは、ショッピングサイト構築ソフト「ショッピングバスケットプロ v7」におけるOSコマンドインジェクションの脆弱性1件。レベルIIは2件で、いずれもRSS情報を取り扱う製品だった。2004年から今四半期末までの累積状況は、公表された脆弱性170件のうち、レベルIIIとなったのは18件と約1割で、レベルIIが7件、レベルIが145件だった。

ウェブサイトに関する脆弱性情報の届出件数は95件で、「クロスサイトスクリプティング」と「SQLインジェクション」が依然として多く、全体の7割弱を占めている。脆弱性によりさらされる脅威としては、「偽情報の表示」と「データの改ざん、消去」が全体の約半数を占め、情報漏洩についても10%に及んだ。

(Security NEXT - 2007/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
「ドコモ口座」の被害申告、あらたに16件49万円
脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導