Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯アプリでワンタイムパスワードを発行する銀行向けソリューション - NTTデータ

NTTデータは、携帯電話のアプリケーションによりワンタイムパスワードを発行、認証を実現するネットバンキング向けセキュリティソリューションを開発、5月より提供開始する。

従来のワンタイムパスワード認証では、パスワード生成の専用トークンを利用者に配布する必要があったが、同サービスでは、携帯電話上のアプリケーションを利用してワンタイムパスワードを発行するため、ネットワーク経由で配布できる。

同サービスは、現在約80の金融機関が利用している同社の個人向けインターネットバンキングASPサービス「ANSER-WEB」において、フィッシングやスパイウェアなどによる不正取引を防止するセキュリティソリューションとして提供される予定。

すでに岩手銀行、京都銀行、紀陽銀行インターネット支店、関西アーバン銀行、京都信用金庫が導入を決定しており、荘内銀行、静岡銀行、愛知銀行、名古屋銀行、みなと銀行が2007年度中の導入を検討しているという。

(Security NEXT - 2007/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇