Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CCやベンダーがインシデント対応で協力 - 「日本シーサート協議会」設立

JPCERTコーディネーションセンター、日立製作所、インターネットイニシアティブ、ラック、NTT、ソフトバンクBBの6社は、「日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(日本シーサート協議会)」を設立した。事務局はJPCERT/CCが担当する。

同団体では、コンピュータセキュリティインシデントへスムーズな対応を目指すとしており、各組織の緊密な連携体制の構築することで、技術情報や対応手法などを共有する。また被害拡大の防止や早期警戒やインシデント対応の事前演習など、未然にインシデントを防ぐ活動を進めるという。

そのほか、ワークショップの開催やコンピュータセキュリティに関する提言などセキュリティ活動を支援していく予定。

(Security NEXT - 2007/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性