Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CCやベンダーがインシデント対応で協力 - 「日本シーサート協議会」設立

JPCERTコーディネーションセンター、日立製作所、インターネットイニシアティブ、ラック、NTT、ソフトバンクBBの6社は、「日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(日本シーサート協議会)」を設立した。事務局はJPCERT/CCが担当する。

同団体では、コンピュータセキュリティインシデントへスムーズな対応を目指すとしており、各組織の緊密な連携体制の構築することで、技術情報や対応手法などを共有する。また被害拡大の防止や早期警戒やインシデント対応の事前演習など、未然にインシデントを防ぐ活動を進めるという。

そのほか、ワークショップの開催やコンピュータセキュリティに関する提言などセキュリティ活動を支援していく予定。

(Security NEXT - 2007/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース