Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業ネットワークの危険性診断を期間限定で無償提供 - ウェブセンス

ウェブセンス・ジャパンは、企業や団体などのインターネット環境を無償で診断するコンサルティングサービス「Websenseアクセス・コントロール診断」を、6月29日までの期間限定で提供する。

同サービスは、専門スタッフが企業や団体などのアクセス環境を診断するもの。アクセス環境の確認や、アクセス状態の可視化、セキュリティ診断、生産性診断、帯域幅診断などを提供。ネットワーク上に潜在する脅威や問題点を特定することができる。

同社によれば、ブログやSNS、動画共有サイトなど、提供するコンテンツがつねに変化するウェブサイトの閲覧により不正プログラムをダウンロード、感染するケースが急増していることから、今回のキャンペーン展開を決定したという。

(Security NEXT - 2007/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性