Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア対策やフォレンジック技術に焦点を当てたブラックハット・ジャパンが開催

インターネット協会とBlack Hatは、「ブラックハット・ジャパン・トレーニング2007:マルウェア検出とフォレンジック・スペシャル」を5月に共同で開催する。

同イベントは、海外で開催されている「Black Hat Briefings」の日本版。海外の専門家を招き、5月28日、29日と2日間にわたり専門的な知識を体系的に学習するもので、今回はフィッシング詐欺などに利用されるマルウェアへ対抗するための技術を学ぶ3種類のコースを用意した。

米Security Horizonによる「米国国家安全保障局 INFOSECアセスメント方法論(IAM):レベル1」は、米国国家安全保障局によって確立された方法論を講義。一定の職務経験を満たす参加者には、最終日のテストの合格後に認定証が発行される。

米WetStone Technologiesが提供する「ライブワイアー・デジタル・フォレンジック」は、コンピューターフォレンジックを実際に体験できるコース。参加者には、フォレンジックツールが提供される。

ウイルス解析の専門化であるPedram Amini氏とEro Carrera氏による「Windowsのマルウェア検出と分析、リバースエンジニアリング」では、Windowsのマルウェアの発見や分析など解説する。

(Security NEXT - 2007/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追