Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア対策やフォレンジック技術に焦点を当てたブラックハット・ジャパンが開催

インターネット協会とBlack Hatは、「ブラックハット・ジャパン・トレーニング2007:マルウェア検出とフォレンジック・スペシャル」を5月に共同で開催する。

同イベントは、海外で開催されている「Black Hat Briefings」の日本版。海外の専門家を招き、5月28日、29日と2日間にわたり専門的な知識を体系的に学習するもので、今回はフィッシング詐欺などに利用されるマルウェアへ対抗するための技術を学ぶ3種類のコースを用意した。

米Security Horizonによる「米国国家安全保障局 INFOSECアセスメント方法論(IAM):レベル1」は、米国国家安全保障局によって確立された方法論を講義。一定の職務経験を満たす参加者には、最終日のテストの合格後に認定証が発行される。

米WetStone Technologiesが提供する「ライブワイアー・デジタル・フォレンジック」は、コンピューターフォレンジックを実際に体験できるコース。参加者には、フォレンジックツールが提供される。

ウイルス解析の専門化であるPedram Amini氏とEro Carrera氏による「Windowsのマルウェア検出と分析、リバースエンジニアリング」では、Windowsのマルウェアの発見や分析など解説する。

(Security NEXT - 2007/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック